ニキビ跡に効果のある漢方の大柴胡湯

ニキビは思春期の方の場合は成長時期のホルモンバランスの変化によって皮脂が多く分泌されて、そこにアクネ菌が作用して発生しますが、それ以外のケースでは、ニキビの発生の原因はストレスや不規則な生活により、心身が不健康な状態になり、ホルモンバランスが崩れ、皮脂が多く分泌されて、そこにアクネ菌が作用してニキビが出来やすくなります。ニキビ跡の場合は、肌が荒れたり、乾燥肌になってより毛穴が目立つようになります。思春期ニキビの場合は自然にホルモンバランスが整い、ニキビが自然治癒する場合が多いですが、大人ニキビの場合は状況によってホルモンバランスはいつでも崩れますので、ひどい場合は治療が必要です。近年では皮膚にレーザーを当てる方法や、塗り薬など外的治療も進化していますが、根本的な治療としては、やはり体の中自体の機能を回復させる事で、ニキビやニキビ跡を改善する方法がよいでしょう。今では体に優しいと言うことで、漢方薬治療を希望する方も増えています。漢方薬は基本的に内服薬ですので、体の内側からの治療になります。その中に大柴胡湯という薬がありますが、これは体の機能の正常を司る自立神経の異常や原因不明の疲労、内蔵の虚弱、女性機能の不全などに働きかけ、体自体の機能を改善することで、体の一番外部に当たる肌の状態を良くし、結果、ニキビやニキビ跡の改善をします。皮膚には水分とコラーゲンが重要な要素ですが、これらが正常になると毛穴周囲が潤って毛穴も目立たなくなります。
学生のカードローンの方はこちらへ→学生でも借りれるカードローンNavi

ニキビ跡に効果のある漢方の逍遥散

ニキビは年代に関係なく出来るものですが、原因に関しては年代によって違いがあります。思春期ニキビの場合は成長過程でホルモンバランスに変化が生じ、皮脂が多く分泌されることでアクネ菌が集まり、ニキビが出来ます。一方大人ニキビの場合は主にストレスや自律神経の異常、内蔵の衰弱などにより、肌の栄養状態が悪くなり、その反応作用として皮脂が多く分泌されることでアクネ菌が作用し、ニキビが出来やすくなります。ニキビ跡がある場合は肌のコラーゲンが不足し、潤いが少なくなってより毛穴が目立つようになります。近年ではニキビやニキビ跡の治療にレーザーを使用したり、塗り薬も良いものが出てきています。しかし、根本的に体の機能を正常に戻すことでニキビやニキビの跡を改善する方法もあります。内服薬による治療がそれですが、近年では、体に優しい薬ということで、漢方薬治療を希望する方も増えています。その漢方の中で、逍遥散という薬が有りますが、これは体の自律神経を改善したり、血行不良、胃や腸の不調などの改善等体の健康に直接関係するものです。これにより、体の末端の血管が有る、皮膚に十分な栄養が送られるようになると、肌に必要なコラーゲンも補給され、毛穴のこわばりが柔らかくなり、ニキビ跡の毛穴が目立ちにくくなり、肌の新陳代謝がよくなる事で毛穴の老廃物も排出され、肌のターンオーバーも良くなり、結果雑菌の繁殖も防ぐことが出来、ニキビもできにくくなります。

乳液タイプのクレンジングでニキビ跡を防止する

ニキビが出来た肌のお手入れは神経を使うものです。特に大人の女性にとっては、化粧は必須ですのでなおのことです。ニキビが出来た肌はとてもデリケートになっており、少しの刺激でもニキビが悪化しかねません。ニキビが悪化すると、最終的には化膿して、膿が潰れると肌の自己修復力では治りきらずにニキビ跡となります。そうならないためにもお化粧後のお手入れが重要になります。お化粧を落とすところから見ていきますと、クレンジング材をまず使用しますが、タイプによってはニキビに良くありませんので、注意が必要です。オイルタイプや泡タイプは洗浄力が強いですが、そのかわりに界面活性剤が多く含まれています。界面活性剤は肌には特に良くありません。また、拭き取りタイプは簡単で便利ですが、肌をこすりつけますので、肌に刺激があり、これもニキビ肌には良くありません。そうすると、肌への影響が少ないのはクリームタイプか乳液タイプとなります。乳液タイプのクレンジング材は肌に優しいですが、洗浄力が他のタイプよりは劣ります。洗浄力と肌への優しさがもっともバランスが取れているのはクリームタイプとなります。しかし、個人によって使い勝手や効果が違いますので、乳液タイプは肌への優しさで勝る分刺激が少なくて済みます。洗浄力で劣っても、その後に洗顔するのですから、クレンジングは肌への刺激を避けるのを優先するべきでしょう。ニキビ跡を防止するためにも刺激の少ない製品を使用することが大切です。