ニキビ跡に効果のある漢方の大柴胡湯

ニキビは思春期の方の場合は成長時期のホルモンバランスの変化によって皮脂が多く分泌されて、そこにアクネ菌が作用して発生しますが、それ以外のケースでは、ニキビの発生の原因はストレスや不規則な生活により、心身が不健康な状態になり、ホルモンバランスが崩れ、皮脂が多く分泌されて、そこにアクネ菌が作用してニキビが出来やすくなります。ニキビ跡の場合は、肌が荒れたり、乾燥肌になってより毛穴が目立つようになります。思春期ニキビの場合は自然にホルモンバランスが整い、ニキビが自然治癒する場合が多いですが、大人ニキビの場合は状況によってホルモンバランスはいつでも崩れますので、ひどい場合は治療が必要です。近年では皮膚にレーザーを当てる方法や、塗り薬など外的治療も進化していますが、根本的な治療としては、やはり体の中自体の機能を回復させる事で、ニキビやニキビ跡を改善する方法がよいでしょう。今では体に優しいと言うことで、漢方薬治療を希望する方も増えています。漢方薬は基本的に内服薬ですので、体の内側からの治療になります。その中に大柴胡湯という薬がありますが、これは体の機能の正常を司る自立神経の異常や原因不明の疲労、内蔵の虚弱、女性機能の不全などに働きかけ、体自体の機能を改善することで、体の一番外部に当たる肌の状態を良くし、結果、ニキビやニキビ跡の改善をします。皮膚には水分とコラーゲンが重要な要素ですが、これらが正常になると毛穴周囲が潤って毛穴も目立たなくなります。
もっと知りたい方はこちらへ→ニキビ跡

ニキビ跡に効果のある漢方の逍遥散

ニキビは年代に関係なく出来るものですが、原因に関しては年代によって違いがあります。思春期ニキビの場合は成長過程でホルモンバランスに変化が生じ、皮脂が多く分泌されることでアクネ菌が集まり、ニキビが出来ます。一方大人ニキビの場合は主にストレスや自律神経の異常、内蔵の衰弱などにより、肌の栄養状態が悪くなり、その反応作用として皮脂が多く分泌されることでアクネ菌が作用し、ニキビが出来やすくなります。ニキビ跡がある場合は肌のコラーゲンが不足し、潤いが少なくなってより毛穴が目立つようになります。近年ではニキビやニキビ跡の治療にレーザーを使用したり、塗り薬も良いものが出てきています。しかし、根本的に体の機能を正常に戻すことでニキビやニキビの跡を改善する方法もあります。内服薬による治療がそれですが、近年では、体に優しい薬ということで、漢方薬治療を希望する方も増えています。その漢方の中で、逍遥散という薬が有りますが、これは体の自律神経を改善したり、血行不良、胃や腸の不調などの改善等体の健康に直接関係するものです。これにより、体の末端の血管が有る、皮膚に十分な栄養が送られるようになると、肌に必要なコラーゲンも補給され、毛穴のこわばりが柔らかくなり、ニキビ跡の毛穴が目立ちにくくなり、肌の新陳代謝がよくなる事で毛穴の老廃物も排出され、肌のターンオーバーも良くなり、結果雑菌の繁殖も防ぐことが出来、ニキビもできにくくなります。

乳液タイプのクレンジングでニキビ跡を防止する

ニキビが出来た肌のお手入れは神経を使うものです。特に大人の女性にとっては、化粧は必須ですのでなおのことです。ニキビが出来た肌はとてもデリケートになっており、少しの刺激でもニキビが悪化しかねません。ニキビが悪化すると、最終的には化膿して、膿が潰れると肌の自己修復力では治りきらずにニキビ跡となります。そうならないためにもお化粧後のお手入れが重要になります。お化粧を落とすところから見ていきますと、クレンジング材をまず使用しますが、タイプによってはニキビに良くありませんので、注意が必要です。オイルタイプや泡タイプは洗浄力が強いですが、そのかわりに界面活性剤が多く含まれています。界面活性剤は肌には特に良くありません。また、拭き取りタイプは簡単で便利ですが、肌をこすりつけますので、肌に刺激があり、これもニキビ肌には良くありません。そうすると、肌への影響が少ないのはクリームタイプか乳液タイプとなります。乳液タイプのクレンジング材は肌に優しいですが、洗浄力が他のタイプよりは劣ります。洗浄力と肌への優しさがもっともバランスが取れているのはクリームタイプとなります。しかし、個人によって使い勝手や効果が違いますので、乳液タイプは肌への優しさで勝る分刺激が少なくて済みます。洗浄力で劣っても、その後に洗顔するのですから、クレンジングは肌への刺激を避けるのを優先するべきでしょう。ニキビ跡を防止するためにも刺激の少ない製品を使用することが大切です。

界面活性剤の多い化粧落としはニキビ跡の原因になる

ニキビは肌の皮脂が多く分泌されることでアクネ菌が繁殖することで発生します。思春期の場合はホルモンバランスが成長とともに変化することによって皮脂が多くなりますが、大人の場合は、ストレスなど精神的な要因が主で皮脂が多く分泌されてニキビができやすくなります。例え乾燥肌であっても、肌が荒れていては、炎症を起こしやすいですし、乾燥を防ごうと急に皮脂が多くなる場合があり、これもニキビが出来易いと言えます。ニキビは悪化して化膿すると、最終的にニキビ跡にも繋がります。ですから、ニキビを作らないようにする事、ニキビができたら肌の刺激には特に注意する事です。要するに肌に刺激となる事をしないのがニキビと防ぎ、結果ニキビ跡も作らない事に繋がります。肌に刺激があるものといえば化粧品関係がもっともニキビと関係が深いです。お化粧品やクレンジングなどには界面活性剤が入っており、製品によってその混入量も異なり、場合によってはニキビ跡を作る原因にもなりかねないです。とはいえ、界面活性剤は身近にたくさんあります。食品添加物、石鹸類、洗剤料類、化粧品類、工業材料など、多岐にわたって使用されています。そしてニキビに関係する作用としては、肌に刺激と与えるという事です。肌への刺激は強くなると肌荒れや皮脂の増加に繋がり、結果、ニキビの原因となります。とはいえ、界面活性剤を使用していない化粧品はごくまれにしかありません。ですから、化粧は用が済んだらすぐ落とす、洗顔料の使用頻度を減らすなどして、肌への影響を限りなく無くすことが大切と言えます。

ニキビ肌のクレンジングにオイルタイプはニキビ跡の原因になる

ニキビが出来ている方にとって毎日お化粧をしては落とす作業はかなり神経を使うことでしょう。ニキビは進行するか治って行くかのどちらかですので、ニキビの状態によって自分で進行具合が分かります。治っていく方なら安心出来ますが、進行している場合は気が気でない事でしょう。ニキビは炎症を起こして赤くなると、次に進行すると化膿し、膿が潰れると皮膚の再生機能が追いつけず、最後にニキビ跡がのこります。このようなプロセスが分かっていると余計に神経質になりがちですが、間違ったケアをしないようにすれば、ニキビは改善しますので、考え込み過ぎないようにして、ストレスをためない事もニキビが進行することを防ぎます。では、どのようにして肌のケアをするのかと言いますと、お化粧を落とすところから見ていきます。お化粧を落とす時にクレンジングをしますが、その時の製品はオイルタイプは出来れば使用しない事です。オイルタイプの製品は、オイル分が化粧に馴染みやすく、故にお化粧を落としやすいのでよく利用されています。しかし、ニキビ肌は少しの刺激でも炎症を起こしやすいので、界面活性剤が多く含まれたオイルタイプはニキビ肌や敏感肌には良くありません。界面活性剤が肌に与える影響が大きいためです。しかし、どのようなクレンジング製品にも界面活性剤は使用されていますので、一番それが少ないタイプを使用することが良いです。界面活性剤が一番少ないのはクリームタイプのクレンジング製品です。これはその製品の特性上、多くの界面活性剤を必要としないからです。お化粧はほぼ毎日の事ですので、ニキビ跡まで行かないように正しいケアをすることが大切です。

ウェットピーリングによってニキビ跡を治す

ニキビ跡を治すには、通常の肌のケアだけではなかなか難しいです。それは、ニキビ跡を目立ちにくくすることはお化粧することで可能ですが、根本的に治癒している訳ではないからです。そこで、根本的な治療という事になると、方法は色々あります。ポピュラーなものではピーリングが挙げられます。またピーリングの中にも種類があり、ケミカルピーリングとウェットピーリングがあります。ここではウェットピーリングについて見ていきます。この方法は美容医療的治療であり、肌を削るピーリングと同時に肌の栄養成分であるビタミンC、ヒアルロン酸、サリチル酸、ハイドロキノンなど様々な成分を肌に浸透させていきます。ピーリングで古い角質を除去する事で、肌のターンオーバーを促し、肌組織の血流を改善します。すると肌には栄養が十分に送られるようになり、不足していたコラーゲンの増加を促進し、より肌の状態を改善する働きがあります。ピーリングで余分な角質を削り取りますので、通常の肌の状態で塗ってもなかなか肌の奥にまで届かない成分がより肌に浸透しやすくなります。そして肌の状態や目的によって使用する成分が選択できるのも特徴の一つです。また、施術中はウェットな状態でピーリングするので、肌に不快感がないのも特徴です。なお、この方法はニキビ跡を治す以外にの多くのメリットがあり、シミ、くすみ、毛穴の汚れ除去、化粧の乗りの改善、肌質の改善や美白効果も期待できます。

塗るコラーゲンのニキビ跡への効果

ニキビ跡はその毛穴周囲の角質がどうしても厚く固くなりがちなため、より毛穴が目立ってしまいます。普段から保湿を心がける事で角質が柔らかくなり、水分で細胞が潤い、結果毛穴が目立たなくさせる事が出来ます。しかし、もっと直接的な肌へのアプローチという事で、近年塗るコラーゲンや飲むコラーゲンなどの製品が色々出てきています。ここでは塗るコラーゲンについて見ていきます。この種の製品は効果がどの位あるのでしょうか。まず、肌には、元々自己防衛機能があり、外部からの細菌やウィルスなどを排除するようになっています。その程度が肌の機能の限界を超えるとニキビや肌の疾患に繋がります。ですから、肌に既にある成分以外の外部からの成分を浸透させることは普通は難しい事です。よって塗るコラーゲン製品を肌に直接塗っても、コラーゲンが肌のなかのコラーゲンと合体して増加すると言う事にはなりません。もし、肌が外部からコラーゲンを侵入させてしまうなら、異物と判断し、アレルギー反応が起こる事でしょう。そうならないという事は、コラーゲンとして肌の中には入っていないという事になります。では、全く効果がないかというと、そんなことはなく、保湿液のように肌の保湿をするという効果はあります。また、コラーゲン注射などに用いるコラーゲンは無菌状態にして用いるために肌の中でアレルギー反応が起きなくなっていますが、これはここでは当てはまらない内容です。まとめますと、保湿成分として用いる効果は見込めますが、直接コラーゲンが増えるわけではないために、ニキビ跡を目立たなくする効果は見込めますが、治癒する効果は見込めないと言えます。

漢方の清上防風湯がニキビ跡に効果がある

ニキビ治療に皮膚科のお医者さんに行くと、抗生物質や他の薬をもらって治療したり、手術的な治療を行ったりしますが、お医者さんによっては漢方薬を処方してくださるところが有ります。また、色々な薬品メーカーからも漢方薬が出ており、飲むことで体の中からニキビやニキビ跡を治すことが出来ます。実際に抗生物質は効果が速攻的ですが、体内に蓄積されて他の症状が出ることがありえますし、レーザー治療などの手術的なものは肌に直接触れますし、数回は施術が必要っであったり、回復期間がある程度必要であったりして、抵抗を感じる方もおられるでしょう。それからすると、漢方は内服するとによって体の中から症状を改善することを目的としている事が違う点です。その中に清上防風湯というものが有りますが、これは芯を持ったニキビや赤ニキビ、そしてニキビ跡の治療に使います。効果はお肌のターンオーバーを促進して、肌の潤いを正常化し、肌の状態を改善する作用があります。飲み方は食前に1日3回水またはお湯(白湯がよいでしょう)で飲みます。まれに好転反応で、数日後に、こもりニキビが出来たりしますが、そのうちに治っていきますので、気にしすぎない事です。気にするとストレスで皮脂分泌が増加し、返ってニキビに良くありません。市販でも清上防風湯は販売されていますが、メーカーによって濃度が違う場合がありますので、確実なのは医師が処方した物のほうが濃度は高いでしょう。ニキビには原因が複数ありますので、医師に相談するのが最も早い対策となるでしょう。

肌の常在菌である表皮ブドウ球菌はニキビ跡の原因になる

肌には常在菌という細菌が存在し、肌の保護に役立つ作用をする細菌もあれば、ニキビなど肌荒れを進行、悪化させる細菌もあります。ニキビを発症する原因菌には有名なアクネ菌ともう一つ表皮ブドウ球菌という細菌があります。アクネ菌は毛穴の奥に主に住んでおり、表皮ブドウ球菌は酸素が嫌いでは無いので表皮にいます。どちらの菌も皮脂を栄養としており、一平方センチ当り数十万から数百万存在します。そして、アクネ菌は酸素を嫌いますので、皮脂が毛穴に詰まった状態で毛穴を塞ぐとまずアクネ菌が繁殖し、ニキビが進行します。アクネ菌はニキビの発症の原因になり、表皮ブドウ球菌は出来たニキビと反応して炎症を起こしニキビ肌を赤くします。その炎症状態のニキビが黄色ブドウ球菌によってさらに化膿すると膿が黄色く見えます。そして黄ニキビが大きくなると、皮膚の中の下の層まで達してその細胞を破壊してしまいます。すると損傷した組織の再生が困難になり、ニキビ跡が出来ます。よく先述の常在菌が悪玉菌のように言われてますが、実際は正常に働いていれば肌の脂分をコントロールして外敵から肌を守る作用をします。どうしても人体のホルモンバランスが何らかの原因で崩れると皮脂が過剰に分泌される事によって常在菌類がニキビを引き起こす方に働き、ひどくなるとニキビ跡の原因になります。ニキビ跡を作らないためにはニキビをまずケアして治す、ニキビの原因であるホルモンバランスを崩す要因を作らないなどの対策が根本的には大切と言えます。

人間のスキンケア機能の体温維持機能が低下するとニキビ跡につながる

人間は体温を一定に保つことの出来る機能を持った恒温動物に分類されます。反対に蛇やトカゲなど体温が外気温によって上下する生き物を変温動物と言います。そして、人間の体温は平均36.5度を保つようになっていて、上は37度から下は35度位がほぼ全ての人の平常時の体温となっています。ここでは、人間のスキンケア機能の中で体温維持機能がニキビ跡とどのような関連があるのかを見ていきます。まず、人間の体温は自律神経によって恒常性が保たれています。よって、この自律神経がアンバランスな状態になると、まず体温は上下します。どちらかというと、各機能が不全状態になりますので、体温低下の症状の方が多いでしょう。そこにその症状を助長するのが、体温上昇に関わる筋肉量です。体温維持のための筋肉の役割は約4割にも達し、筋肉量の少ない女性や脂肪の多い男性などは冷え性になりやすいです。体温が低いという事は皮膚の組織の毛細血管への血流が少なくなりますので、皮膚のターンオーバーがうまくいかず、結果、荒れた皮膚をまもろうと皮脂が多く分泌されます。そうすると、多くなった皮脂が毛穴を塞ぎ、ニキビが出来やすくなります。ニキビはひどくなると最後はニキビ跡になりますので、体温維持機能が低下するだけでも、ニキビからニキビ跡への要因となりかねません。対策としては、体温維持機能を司る自律神経と体温に関係する内臓器官を健康に保つことになります。具体的には、ストレスを溜めない、不規則な生活をしない、適度な運動をする、といった事が大切です。